神戸国際大学との高大連携協定 調印

2022年10月19日(水)神戸国際大学と高大連携協定の調印を行いました。

学校法人八代学院 神戸国際大学(所在:神戸市東灘区、学長:辻󠄀 正次)と、学校法人松蔭女子学院 松蔭中学校・高等学校(所在:神戸市灘区、校長:浅井 宣光)は、女子バレーボール部の選手育成とスポーツ教育を通した人格形成を図るため、高大連携協定を締結しました。

神戸国際大学は、経済学部とリハビリテーション学部の2学部を持ち、2020年には初の女子体育会強化クラブとして、女子バレーボール部が発足しました(リーグ戦出場は2021年度より)。

松蔭高等学校は2023年度入学生より、グローバルに活躍するアスリートやアーティストを目指す生徒に向けて学業と両立を支援するため、アスリート&アーティストコース(以下、「AAコース」という)を新設します。英語教育に力を入れつつ、地域スポーツクラブ、バレエや舞踊など校外の競技に集中しやすいよう他コースとは異なり、土曜日の授業をなくし、平日授業も5校時までのカリキュラムとしています。

このたび、AAコースに在籍予定の女子バレーボール部の選手育成と、スポーツ教育を通した人格形成を図るため、神戸国際大学と連携協定を結ぶことになったものです。

神戸国際大学・松蔭高等学校は、ともに日本聖公会に所属するキリスト教主義の学校で、神戸国際大学の創設者である八代斌助(ひんすけ)は、松蔭女子学院の理事長・院長、松蔭中学校・高等学校の校長も務めておりました。教育の根幹に同じ思いをもつ高校と大学が、選手の育成と人間形成を目的に連携を行います。

■予定している主な連携事業
・高校生・大学生による合同練習
・神戸国際大学女子バレーボール部指導者による指導
・合同の大会・イベントの実施 など

関連記事

  1. TOEFL Primary・Juniorを活用した英語授業改善に関する…

  2. 本校で映画撮影が行われました

  3. 卒業生 阿久根菫さんが準ミス・インターナショナル日本代表に選ばれました…

  4. 夏期講習 開講中!

  5. 松蔭高校 Blue Earth Project チームY inマリンピ…

  6. 「ミライノマナビ」で松蔭が紹介されました