韓国 信明高校・聖明女子中学校 校長先生 来校

韓国テグ市の信明(シンミョン)高校、聖明(ソンミョン)女子中学校、両校の校長先生が来校されました。両校は、松蔭の姉妹校です。

信明高校は、韓国テグ市の伝統あるキリスト教主義学校です。女子校として長い歴史を刻んできましたが、現在は共学となっています。信明高校と松蔭は、伝統あるミッションスクールとして多くの共通点を持っています。また、信明高校がある大邱(テグ)市と本校がある神戸市は友好提携都市であり、両校の交流促進により、両市の交流を促進していきたいと考え、交流事業を継続してまいりました。信明高校から始まった交流事業ですが、現在では、信明高校の関係学校である聖明女子中学校とも継続した交流をすることができるようになりました。

新型コロナウィルス感染症拡大により、2020年以降、生徒同士の対面の交流は中断してしまっています。その間、オンラインでの交流を継続してきましたが、生徒たちからは、再開を待ち望む声がたくさん挙がっていました。

この度、信明高校、聖明女子中学校の校長先生が来校され、生徒がお互いの学校を訪問する交流を2023年度から再開する方向で、具体的な準備を進めることで合意しました。

また、昨年創立120周年を迎えた信明高校から、本校浅井校長の両校交流事業における貢献に対して感謝牌をいただきました。

関連記事

  1. 松蔭高校Blue Earth ProjectチームY 活動報告

  2. GS・GL 1学期校外学習

  3. Blue Earth Project エコイベント「ちゃステナブルー」…

  4. Blue Earth Project が「読売オンライン」で紹介されま…

  5. SDGs高大連携プラットフォーム にて紹介されました

  6. 中1DS 総合学習