GS&GL アカデミック・インターンシップ:神戸大×松蔭中高で企業の収益について学ぶ

神戸大学の先生方が松蔭中高で、アカデミックインターンシップ授業を実施されました。

<実施内容>
①「儲けとは何か?」
②「上場企業とは何か?」
③収益性の計算方法 
④実際の企業分析の事例
⑤情報の収集方法

➀~⑤の5つのレクチャーを受けて、企業の収益を考える視点を得た後、アウトプットとして、コロナ禍前後の企業の売り上げについて考察しました。最終日には神戸大を訪れ、現地でプレゼン&キャンパスツアーも行っていただきました。

今回、中高生のアカデミックインターンシップ授業を担当してくださいました、神戸大学の高田先生と高槻先生。生徒の振り返りからも非常に多くのことを考え、学んだことが分かります。このような機会をいただけたこと、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました!!

関連記事

  1. グローバル・ストリーム  美野丘小学校との連携授業

  2. 中1DS 総合学習

  3. 2023年度中学3年生(GS)海外研修

  4. Blue Earth Project ’24 活動報告2

  5. 2023年度 高校2年生 修学旅行

  6. 中学2年 性教育プログラム(ピアカウンセリング体験)