長期休暇講習期間中に気象警報が発令された場合の措置について
1.午前6時30分現在、神戸市に暴風・大雨・大雪警報が発令されている時は自宅待機して
ください。
2.午前11時までにすべての警報が解除された時は、5時間目以降(午後1時25分以降)に
予定されている講習を実施します。
3.午前11時の時点ですべての警報が解除されていない時は、休講とします。
4.地区の事情・交通機関の状況などを判断して無理のないようにしてください。
5.休講となった講座の振り替えは、原則として行いません。
6.特例として、夏休みの中学生登校日については、ハンドブックにある「2 定期考査期間中の
気象警報発令時の特別措置について」を準用します。