2019年度
信明高校 来校

2020年1月29日(水)〜2月3日(月)、韓国大邱市にある姉妹校 信明高等学校の訪問を受けました。


校内オリエンテーションや日本語の授業を受けた後、ホストシスターと交流を深めました。

2日目からは本校のさまざまな授業に参加してもらいました。


2日目のランチは食堂(エセルホール)でホストシスターと。

通常授業のほか、書道の授業も体験しました。
ホストシスターの名前を練習する信明生が多く、彼女たちの思いやりに感動させられました。

2日目の最後は、全校生徒が参加する歓迎式典。両校の生徒代表が日本語と韓国語の両方であいさつを交わしました。

3日目には校外学習として、午前中は奈良市内(春日大社、東大寺、ならまち)を散策し、日本の歴史や文化に触れました。
午後にはHAT神戸の「人と防災未来センター」で震災について学びました。
地震の少ない韓国でも、近年、防災教育に対する関心が高まっているようです。

4日目にはホストファミリーパーティーが開かれました。
パーティー終盤の礼拝では、日本語と韓国語で聖歌を歌い、みんなの心が一つになったようでした。
この後行われるホームステイが充実したものとなるよう、神様が見守っていてくださることでしょう。

1泊2日のホームステイは松蔭生と信明生双方にとって、貴重な経験となったようです。
お別れが惜しくて泣きだす生徒たちもいましたが、今回築いた友情を今後も育んで、
若者たちの交流が、これからの世界の平和の礎になることを祈ります。

信明高校のみなさん、またの来校を心よりお待ちしております。
この夏、松蔭生が信明高校を訪問する際は、どうぞよろしくお願いいたします。


松蔭中学校・高等学校のホームページのトップに戻る→