2019年度 春の宗教週間
特別礼拝

6月6日(木)から春の宗教週間が始まり、その初日に特別礼拝が行われました。

今回は、Hanna Bunya (文屋範奈)さんと宮詠子さんによる音楽礼拝。


日本を代表するゴスペルシンガーでもあるHannaさんの迫力ある歌声と
宮さんの美しいピアノの音色が講堂に響きわたり、あっという間に全員が引き込まれました。

Hannaさんは歌だけでなく、曲の合間にはそれぞれの歌に込められた意味、生徒たちへのメッセージ、
そして自身の経験などを気さくな口調で、織り交ぜてくださいました。

なかでも「神様はfairではない、favorなんだよ」という言葉は印象深く、生徒たちの心に残ったようでした。



献金の後には、Hannaさん自身からお祈りの言葉をいただきました。


そして最後には、講堂を出る生徒たちへ声をかけ、笑顔で見送ってくださいました。


いつもとはちょっと違う礼拝でしたが、生徒一人一人の心にしっかり届く素晴らしい礼拝でした。
ありがとうございました。


松蔭中学校・高等学校のホームページのトップに戻る→