2018年度
バザー

11月10日(土)、松蔭の大きな行事の一つである、バザーが開催されました。
暑いくらいの日差しと青空のもと、全校生徒が懸命に働きました!

松蔭のバザーは収益を全額寄付します。

今年度は、いつもお世話になっている「きしろ荘」「パン工場なないろ」「真生乳児院」に加え、
日本赤十字を通した被災地支援や保護された犬猫への支援に充てられます。
それぞれの寄付先は中1、中2の生徒が紹介ポスターを作成しました。



バザーでは中学3年以上の学年がクラス単位で出店します。
今年は、カレー、チャーハン、ラーメン、豚キムチ丼、串焼き、
チジミ、チーズドッグ、チュロス、わらびもち、アイスなどに加え、
千本引きや射的、スーパーボールすくい、スライム作りなどがそろいました。

バザー前日には、各店舗から力作ぞろいの広告ポスターが並びました。


バザー当日の朝の調理室の様子です。
朝早くから下ごしらえに集中します。



店舗での営業は10:00〜14:00までの4時間。
みなさん額に汗しながら、笑顔で頑張りつづけました!





今年も1000人を超えるお客様がおいでくださいました!
おかげさまで各店舗の前には長い行列ができていました。



バザー終了後は、各教室に入り、放送による閉会礼拝。
今日一日、無事に働くことができたことを感謝し、
この活動での収益が少しでも多くの方々のお役に立つことをお祈りしました。

生徒のみなさん、ご苦労さまでした。そして、
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

また来年のバザーをお楽しみに!

松蔭中学校・高等学校のホームページのトップに戻る→