2017年度 韓国 信明高校短期訪問報告

4日目:8月19日(土)

今日は土曜日で学食がお休みです。朝食はおいしいサンドウィッチをいただきました。

授業交流(4)
1時間目は音楽です。
韓国の代表的な民謡「アリラン」を、太鼓(チャング)を叩きながら歌いました。
アリランといっても、とても多くのバリエーションが存在するとのことです。
今日はその中から2種類を教えていただきました。
慣れないリズムにやや苦戦しましたが、教室中に気持ちの良い太鼓の音と歌声が響きました。
 

授業交流(5)
2時間目はダンスです。P-Popダンスを練習しました。
複雑な動きに大いに苦戦した生徒がいる一方、短時間で覚えて踊ることができた生徒もいました。
信明・聖明の生徒さんも松蔭生と同じように苦労しながら参加してくれました。
  

授業の合間にも、信明・聖明の生徒さんや先生方と交流して(遊んで)います。
 

昼食は、学校の近くのお店で参鶏湯(サムゲタン)をいただきました。
日本では土用の丑の日にうなぎを食べますが、韓国では夏の暑いときに熱々の参鶏湯を食べて元気を出すそうです。
確かに、食べたら皆元気を取り戻したような気がします。
  

昼食後、「ジュエリー・タウン」で指輪作りを体験しました。
銀の棒を曲げて作ります。
道具を上手に使うことができたでしょうか?
  

指輪が完成した後は、カフェでほっと一息。
この後、高校生は学校でホストファミリーと合流し、ホームステイがスタートしました。
1泊2日の間、たくさんお話ししてきてくださいね。

これ以降、明日の夕方までは、中学生の慶州(キョンジュ)観光の様子を報告します。
慶州は、新羅王国の都、金城(クムソン)があった地域で、ユネスコの世界遺産が3つも存在する歴史文化都市です。
日本でいうと、京都・奈良のイメージでしょうか。
今日は、大陵苑(デルンウォン)という古墳群を見学しました。
23基もの古墳が集まっている地域が公園として整備されています。
あいにくの雨でしたが、おかげで普段より観光客が少なく、ガイドさんの説明を聞きながらゆっくりと見ることができました。
 
 

夕食はプルコギです。
皆よく食べます。これで明日も元気に動けそうです。
ちょっと珍しい食べ物も出ましたが、それも食文化の勉強です。(写真の掲載はやめておきますが。)
夕食後、ホテルにチェックイン。大きくてきれいなホテルで、ちょっと興奮気味です。
しっかり寝てくださいね…。
 


2016年度 韓国 信明高校訪問報告 のトップページに戻る→