2017年度 韓国 信明高校短期訪問報告

2日目:8月17日(木)

朝食は学生寮の食堂でいただきました。
アワビのお粥など、韓国風のメニューでした。
たくさん食べて一日頑張ろう!
  

授業交流(1)
韓国語の授業を受け、基本的なフレーズを教えていただきました。
信明・聖明の生徒さんたちのジェスチャーを見て、松蔭の生徒が習ったフレーズを答えるというクイズでとても盛り上がりました。
また、授業の後半では、松蔭の高校生が日本の文化について韓国語でプレゼンテーションをおこないました。
 
 

歓迎式が行われました。

信明高校生徒代表の挨拶に続き、松蔭の代表も挨拶をしました。
生徒自身がお互いの言葉でも挨拶し、気持ちの伝わるスピーチでした。
 

また、そのあとに、お互いのパフォーマンスを行いました。
信明・聖明は合唱、韓国舞踊、ダンス、木菅アンサンブル。
松蔭はK-Popでダンスを披露しました。
歓迎式の最初から最後まで、会場は地鳴りのような歓声に包まれていました。
歓迎してくださる気持ちに、本当に感動しました。
 

お昼には韓国料理の調理実習を行いました。
本格的な「宮中餅焼き」を作って食べました。
教えてくださった先生は、全部の班のものを試食され、「どの班も上手にできた」とおっしゃってくださりました。
    

授業交流(2)
中学1年生の英語の授業に参加しました。
文を覚えるゲームやインタビューなどを行いました。
聖明中学生はとても元気で積極的。つられて松蔭生も活発になってきました。
  

続けて、中学2年生の美術の授業に参加しました。
黄土を使った絞り染めに挑戦しました。
きれいな模様ができたようです。
また、作業後にはお互いに連絡先を教え合っていました。
  

夕食後、寿城池(スソンモッ)や西門市場(ソムンシジャン)を散策しました。
写真を撮ったり、買い物をしたり、思い思いに交流を楽しんでいました。
途中、2015年に開業したばかりのモノレールで移動しました。
 
 

 

2017年度 韓国 信明高校訪問報告 のトップページに戻る→