JKビジネス防止キャンペーン

 灘警察署をはじめ灘防犯協会等の関係機関とともに、標記のキャンペーン活動を6月5日(月)JR六甲道駅で実施しました。

「JKビジネス」とは、繁華街を中心に女子高生によるマッサージ、
会話やゲームを楽しませるなどの接客サービスを売りものにするものです。

一見何も問題のないようなアルバイトでも、客から児童売春等の性的被害に遭うケースが増えてきており、
安易に働くことはとても危険です。「モデルやタレントになりませんか?」などという言葉は要注意です。

 こうした被害を防ぐ目的で、女子高生によるキャンペーンを実施しました。
一般の方に認知してもらい、同じ女子校生への注意喚起を含めて、アナウンスで啓発しティッシュビラ配布しました。

生徒にとっても貴重な経験になりました。




松蔭中学校・高等学校のホームページのトップに戻る→