2017年1月17日 震災記念礼拝

阪神・淡路大震災から22年が経ちました。
この震災は 生徒達がまだ生まれる前の出来事です。
しかし、当時、本校にも震災の犠牲になった生徒がいました。
犠牲になった人々への追悼の意味を込め、
また、教訓を次世代に受け継ぐために

私たちは、毎年この日に記念礼拝を持ちます。

   

10時から神戸市主催のシェイクアウト訓練に参加しました。
放課後には、有志による震災追悼記念礼拝をおこない、特に松蔭中学高等学校の関係の方で、
震災の犠牲にあわれた方々を思い、祈りを捧げました。
週末には、「阪神淡路大震災・慰霊記念碑巡り」に行きます。

 
 

被災された方々の中には、
今でも心の不安、経済的な困難の中におかれている方々がまだまだおられます。
また、遺族のことを思いながら、日々必死に生きておられる人々がたくさんおられます。
そのことを私たちは忘れてはならないと思います。

松蔭中学校・高等学校のホームページに戻る→