帰国生の受け入れについて



帰国生対象入試説明会について

※現在予定されている説明会はありません。
 
随時、個別対応をさせていただきます。
お気軽に、下記連絡先までお問い合わせください。

帰国生受け入れ後のクラス、授業体制、進路
 中学入学時からのコース別募集を行わず、「多感な時期を迎える女子の心のありかた」に配慮しています。中2からは英語・数学の全授業がグレード(習熟度)別授業となります。帰国生も一般生徒と同じクラスに入ります。必要な場合には個別補習を行うこともあります。
  高校では、高2から理系・国公立大学を目指すコース、難関私大文系を目指すコースなどに分かれ、きめ細やかな進路指導をすすめています。
  併設の神戸松蔭女子学院大学への内部進学を保障するとともに、外部大学にチャレンジも可能です。関学、関大、立教大をはじめ指定校推薦枠も多くあります。

高1までに最大限に伸ばす英語力
 実用的な英語力を早期に身に付ける「英語特別クラス」を中3・高1の2 学年に設置。ネイティブ教員が副担任となっており、英語による朝終礼や英語インタビュー、イングリッシュアイランドで英語を「普段使い」にします。「英検対策講座」受講も必修とし、中3から高1の間に英検2級合格を目標としてい ます。2級取得後はTOEICにも挑戦。英検対策講座には「英語力を伸ばしたい」という他学年の生徒も積極的に参加しています。
 2級取得後、準1級に挑戦し合格する生徒も増えてきたことから、2017年3月から英検準1級対策講座も開講しています。
 個々の力を最大限に伸ばす松蔭の英語教育にご期待ください。

帰国生入試・転編入学試験について
 これまで中学入学、転編入学ともに日本人学校や現地校からの受け入れ実績があります。
  中学入試では帰国生入試を1月の一般入試と同日に実施し(2017年度入試の場 合1月14日)、国語・算数・作文・面接により選考します。基礎的な学力が定着しているかどうかを見ます。
  転編入(高校入学を含む)については、中1から高3の5月まで随時受け付けています。英語・数学・国語・面接により判定しますが、国語を作文とする場合もあり、海外での学習状況によっては、試験内容について考慮します。

お問い合わせ先
担当小林まで ご連絡ください。

松蔭女子学院 松蔭中学校・高等学校
〒657―0805 神戸市灘区青谷町3−4−47
Tel (078)861―1105
Fax (078)861―1887
email:s.office-info@shoin-jhs.ac.jp

松蔭中学校・高等学校ホームページのトップにもどる