松蔭中学校・高等学校同窓会 千と勢会

千と勢会とは


千と勢会館


九日会


インフォメーション
 
 

 

インフォメーション


H71回生 同窓会中止のお知らせ
松蔭高等学校71期生同窓会中止のおしらせ

令和3年1月11日に予定していた松蔭高校同窓会につきましては、
新型コロナウィルスの影響により正式に中止致します。

あらゆる形での開催を検討に検討を重ねた結果の苦渋の決断です。

71期生の千と勢会代表として同窓会を開催出来ないことを思うと断腸の思いです。
皆様にはどうかご理解ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 


同窓会誌「ちとせのたより」休刊のお知らせ
 →こちらをご覧ください(pdf)

 

千と勢会活動についてのお知らせ
 →こちらをご覧ください(pdf)

 

「第8回松蔭美術部OG作品展2020」について
 2020年6月24日(水)〜28日(日)に開催を予定していました「第8回松蔭美術部OG作品展2020」は新型コロナウイルス感染拡大防止のためやむなく延期いたします。
ご来場を予定されていた方には大変ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解を承りますようお願い申し上げます。

 

『千と勢会仮事務局』業務開始のお知らせ

****************************
*********
千と勢会 仮事務局
新住所:〒657-0805神戸市灘区青谷町3-4-47
松蔭中学校・高等学校内
TEL/FAX 078-861-0290
(月・火・水・金 11:00-16:00)
****************************

 

 

1月九日会「新年会」
2020年1月9日木曜日に、東天紅において、1月九日会「新年会」を開催いたしました。
美味しい料理を楽しみながら、参加者の皆様と新年を祝いました。
ご参加下さいました皆さま、どうもありがとうございました。
  

千と勢会クリスマス会
 12月19日に行われました。ご報告はこちらをご覧ください。

 

学校バザー
 一昨日のバザーでは大勢の皆さまにご来場いただき、特製亀井堂瓦煎餅、
  ロゴ入りトートバッグなどを完売し、大盛況の内に終了することが出来ました。
  ご協力誠にありがとうございました。
  深く感謝申し上げます。

  ご寄付いただきました寄贈品も、大勢の皆さまに喜んでいただきました。

  個人ブースでスワロフスキーのアクセサリー販売をして下さったH36徳世様にも、
  ご寄付をいただきました。どうもありがとうございました。


  皆さまのご協力で得た全体の収益の中から、学校に寄付をさせていただきます。

 
秋晴れの下、力を合わせて楽しい1日を終える事が出来ましたことをとても嬉しく思います。
  これからも千と勢会の活動にご理解ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

     

 

 

千と勢会館の使用停止のお知らせ

松蔭中学校・高等学校の同窓会館「千と勢会館」について、
卒業生および関係各位の皆さまにお知らせを申し上げます。

   → 詳しくはこちらをごらんください(pdf)


                           
撮影者 松村信彦

 

『千と勢会史料室』から
 
 作業日  日時:毎月第1火曜日 10:30〜12:00
       場所:会館使用停止中のため、ご参加下さいます方々にご連絡いたします。
       作業内容:松蔭史料の分類・整理・データベース作り

   ※作業は、午後2時頃まで行います。都合のつく方は午後も
     お願いいたします。この作業はボランティア活動ですので、
     午後まで残れる方は昼食をご持参下さいますようお願いいたします。

   ※名簿・写真・印刷物・その他、史料保存しますので、多少に拘わらず
     ご寄付をお願いいたします。

   ※連絡先:千と勢会事務室078−861−0290 (史料室 H14吉村厚子)
 
                     
 
 (書物紹介)
 8月に、『神戸モダンの女』という小説が出版されました。
 大正から昭和初期に松蔭高等女学校に在学した女性が主人公です。
 松蔭で受けた教育が彼女の人生を貫いています。

 ミッション・スクール松蔭の教育の本質が、やさしい文体でこの小説によく表されています。
 作者は、主人公の息子さんに嫁いだ方です。

 松蔭は、松蔭での教育が、卒業する者の人生を導き、さらに新しい人生で出会う人々を通してそれが社会に実を結ぶように、と願って英国の宣教団が創設した学校です。
 この小説は、ひとりの女性の生き方がテーマです。その生き方の根底に松蔭での生活と教育が脈々と流れています。(H14 吉村厚子)

 『神戸モダンの女』
 著者 大西明子
 発行所 編集工房ノア
 発行 2019.8.1


                              

 



『 松蔭女子学院千と勢会史料室 』へ史料をお寄せください 

 千と勢会は、同窓会活動の一環として、松蔭女子学院に関する歴史的文献・物品の
収集・整理・保存を行っています。
卒業生、恩師、旧教職員、また、保護者の皆さまのご協力を呼び掛けます。

 どのような種類のものでも松蔭の歴史を語る貴重な財産です。
同窓会として管理保存し、整理が整えば、貸出・公開を行い、阪神淡路大震災などで
卒業アルバムを失われた方や過去の文集の記事をご覧になりたい方、
その他の問い合わせに応じる計画です。どのようなものでも廃棄せず、
ぜひ史料室にご寄贈ください。

○史料例 :
 卒業アルバム・写真(1枚でも可)・名簿・文集・旅行キャンプなどの栞・聖書・
聖歌集・時間表・学習印刷物・式典次第・校内発行物・部活動関係物・
制服(帽子・体操服・カバンなど含む)・校章・記念品・等々。

○千と勢会館使用停止のため、当面「史料室」はありませんが、史料収集・整理の
活動は継続して行います。史料のご寄贈を引き続きお願いいたします。


○問い合わせ先:
 千と勢会事務室(078-861-0290) 

 



千と勢のカップケーキ

 「千と勢のカップケーキ」は、第9代同窓会長の朝子アウ先生が作り始められ、以来
50年、いろいろな行事に同窓会の心をつなぐ味として作り続けられています。
 文化祭、バザー、クリスマス会、また、高校3年生の卒業のお祝いには、1日〜2日かけて千と勢会役員みんなで楽しみながら約600〜1000個を作り、母校の皆様に味わっていただいています。新鮮で、添加物や保存料など一切使わない家庭的な手作りケーキです。
バザーのためのカップケーキ作り
(2018年11月8-9日)

   

   


神戸松蔭女子学院大学千と勢会


松蔭中学校・高等学校


神戸松蔭女子学院大学・短期大学