松蔭中学校・高等学校同窓会 千と勢会

千と勢会とは


千と勢会館


九日会


インフォメーション

千と勢会とは

松蔭の同窓会は、その名称を「千と勢会」(ちとせかい)といいます。明治時代の同窓会誌が「千と勢」と名付けられていたことにより、大正10年に、同窓会名を「千と勢会」としました。「ちとせ」は、『古今聖歌集』第387番の聖歌「ちとせの岩よ」の歌詞から採られたことばです。

会員
■正会員
松蔭女学校、松蔭高等女学校、松蔭専攻科、松蔭高等学校の卒業生
■準会員
松蔭中学校の卒業生および上記各学校の中途転出者
■客員会員
松蔭中学校・高等学校の現教職員および上記各学校の教職員であった人

なお、松蔭専門学校、松蔭短期大学(現短期大学部)、神戸松蔭女子学院大学、同大学院の同窓会は、「神戸松蔭女子学院大学千と勢会」と称し、大学会館(神戸市灘区琵琶町3-2-1)内に事務局を置いている。二つの同窓会は、互いに交流しつつ、それぞれに組織して運営を行っている。

略歴
1892(明25)
1.8 松蔭女学校設立(神戸市山本通)
  10 校地移転
(中山手通、現在の聖ミカエル保育園の地)
1902(明35)   同窓会設立 初代会長、リナ・ゼ・フォス校主夫人(第3代校長ミス・オーヴァンズ)
1906(明39) 9.17 校地移転(中山手通)
1907(明40)   同窓会誌「千と勢」(第一次)は、この年創刊されたと思われる。 (年1回発行、昭和13年まで)
1915(大4) 3.16 私立松蔭高等女学校設立
1920(大9) 4 ヒュース校長(第8代校長、明治44年就任)が第2代同窓会長になる。
1921(大10) 5.28 同窓会幹事会で、同窓会名を「千と勢会」と命名。
  6.22 浅野勇副校長、第9代校長に就任、同時に、第3代同窓会長になる。
1922(大13) 4 財団法人私立松蔭高等女学校設立
1925(大14) 4.24 旧女5 武田八重、卒業生として初めての同窓会長(第4代)になる。
  10.6 武田、事情により会長辞任、浅野校長が同窓会長(第5代)になる。
1928(昭3)   旧女4 名和りつ、第6代同窓会長になる。この年、同窓会東京支部設立。
1929(昭4) 12 校地、青谷へ移転
1933(昭8)   旧女10、石光滋、第7代同窓会長になる。
1934(昭9) 3 同窓会会則改正。浅野校長が第8代会長になる。
1939(昭14) 3.10 「千と勢」(第二次)第一号発行。(この年から月一回発行とし、昭和32年、第30号まで続く。)
1947(昭22)   松蔭中学校、1948(昭23)松蔭高等学校設置
1956(昭31) 10.9 浅野校長逝去 九日会発足
1958(昭33)   「ちとせのたより」(第三次)第一号発行。
1959(昭34) 4.4 千と勢会館落成。高女6朝子アウ、第9代同窓会長になる。
1967(昭42) 3 千と勢会館、三階を増築、学生寮開設。(昭61まで)
1986(昭61) 11.16 高女15菅井千鶴、第10代同窓会長になる。
1992(平4) 11.1 高女29朝野明子、第11代同窓会長になる。
1999(平11) 3.20 同窓会欧州支部設立
2002(平14) 10.12 H5小泉公子、第12代同窓会長になる。
2011(平23) 10.29 H14吉村厚子、第13代同窓会長になる。
 


▲H17.10.22
ホームカミングデー
K31回生の皆さん


同窓会誌


▲ 第4号



▲ 第25号



▲第62号



▲同窓会創設
100周年記念

神戸松蔭女子学院大学千と勢会


松蔭中学校・高等学校


神戸松蔭女子学院大学・短期大学